(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第235回例会


日 時:2003年11月28日(金) 13:00〜17:00
場 所:たかつガーデン 3階 コスモス
    〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 
    (近鉄上本町駅から徒歩約3分,地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分, http://www.takatsu.or.jp/ )
    TEL 06-6768-3911


主題 「物理方式による水処理と防食」

 磁気、電磁場などの物理作用による水処理技術は、古くから販売され実績も多く、近年の環境対策を背景として、新商品も継続して上市されている。一方、その作用機構、処理効果については、各方面で論議されている現状である。本例会では磁気科学の基本的な概念を解説していただくとともに、物理処理の使用実績の話題を提供していただき、今後の物理方式による防食技術の可能性を討議したい。

− プログラム −

<司会 栗田工業 川村文夫>
1. 水と磁場(水の磁気処理とメカニズム)  
13:15〜14:00
京都大学大学院 東谷 公

2. 磁場による防食方法
14:00〜14:45
職業能力開発総合大学校 青柿 良一

<司会 兵庫県立工業技術センター 高谷泰之>
3. 物理方式による水処理技術の現状 
15:00〜15:40
オルガノ 高橋 洋

4. ボイラーにおける物理方式水処理と防食 
15:40〜16:20
石川島汎用ボイラ 河岡 幸伸

5. 建築設備および配管の物理方式水処理技術と防食 
16:20〜17:00
鹿島建設 中島 博志

(協賛予定)腐食防食協会、日本防錆技術協会、電気化学会、化学工学会、表面技術協会、石油学会、日本金属学会、日本化学会、日本ボイラ協会、火力原子発電技術協会、日本水道協会、軽金属学会、ステンレス協会、近畿化学協会、日本冷凍空調学会、日本建築学会、日本プラントメンテナンス協会              

※日本材料学会腐食防食部門委員会会員以外の方には参加費(10,000円、資料代含む)を戴きます。
【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
(社)日本材料学会 
TEL:075-761-5321/FAX:075-761-5325/E-mail:jimu@jsms.jp