(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第236回例会


日 時:2004年1月20日(火) 13:00〜16:40
場 所:たかつガーデン 3階 コスモス
    〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 
    (近鉄上本町駅から徒歩約3分,地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分, http://www.takatsu.or.jp/ )
    TEL 06-6768-3911


主題 「腐食損傷事例とその対策T」

 優れた特性を持つ新しい材料の開発や新規の防食技術の開発が進む一方で、いろいろな分野で腐食によるトラブルが後を絶たないのも事実である。そこで今回例会と次回例会の二回に渡って各種分野での腐食損傷事例とその対策について紹介いただき、今後の技術開発や防食対策に活かすべく、議論を深めたい。

− プログラム −

<司会 松下テクノリサーチ 村上 義樹>
1. 「ガス事業における腐食事例とその対策」 
13:20〜13:50
大阪ガス 野中 英正、西川明伸

2. 「電気・電子装置の設置環境評価」
13:50〜14:20
日立製作所 南谷 林太郎

3. 「河川環境での暴露試験によるステンレス鋼の耐食性評価と腐食事例」 
14:20〜14:50
川崎重工業 高島 顕


<司会 住友化学工業 藤田 和夫>
4. 「ステンレス鋼製水処理設備の腐食事例」
15:10〜15:40
栗田工業 川村 文夫

5. 「食品製造工場でのステンレス鋼の腐食」
15:40〜16:10
兵庫県立工業技術センター 高谷 泰之

6. 「バイオファウリングによる腐食事例とその対策」
16:10〜16:40
片山化学工業研究所 中村 佳介



(協賛予定)腐食防食協会、日本防錆技術協会、電気化学会、化学工学会、表面技術協会、石油学会、日本金属学会、日本化学会、日本ボイラ協会、火力原子発電技術協会、日本水道協会、軽金属学会、ステンレス協会、近畿化学協会、日本冷凍空調学会、日本建築学会、日本プラントメンテナンス協会              

・なお、腐食防食部門委員会会員以外の方で日本材料学会・協賛学会会員の方には当日、参加費(5,000円、資料代含む)、その他非会員の方には10,000円を戴きます。
【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
(社)日本材料学会
TEL; 075-761-5321 / FAX; 075-761-5325
E-mail:jimu@jsms.jp