(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第242回例会


日 時:2005年1月20日(木) 13:00〜17:00
場 所:たかつガーデン 3階 ローズ
     〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 TEL 06-6768-3911
(近鉄上本町駅から徒歩約3分, 地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分, http://www.takatsu.or.jp/ )

主題 「鉄鋼の大気腐食」

 インフラストラクチャーの充実とそのミニマムメンテナンス化は新世紀の日本の産業競争力を維持・向上し、少子高齢化や地球環境保全などの対策をはかる上で重要な課題の一つである。そのため、構造物の維持管理技術さらにはライフサイクルコスト(LCC)縮減のためのキーテクである鉄鋼の大気腐食とその抑制に関する基礎及び実用研究が現在精力的になされてきており、新たな局面を迎えているといえよう。本例会では、これら鋼構造物の大気腐食の現状、近年開発された高Ni耐候性鋼、亜鉛系表面処理鋼板の大気腐食性、さらにそれらを支える最新の研究アプローチを講演していただき、今後の技術開発や防食対策に活かすべく、本分野の知見を深めたい。


− プログラム −

<司会 住友金属工業(株) 上村 隆之>

1.「無塗装鋼鉄道橋の腐食状況」
13:20〜14:00
JR西日本(株)木村 元哉

2.「耐候性鋼、Ni系高耐候性鋼の大気腐食抵抗性」
14:00〜14:30
(株)神戸製鋼所 中山 武典


3.「亜鉛系表面処理鋼板の大気耐食性」
14:30〜15:00
JFEスチール(株)藤田 栄

<司会 (株)神戸製鋼所 中山 武典>

4. 「コロイド化学から見た鋼・亜鉛の大気腐食生成物」
15:10〜15:50
大阪教育大学 石川 達雄


5.「水溶液を介してのフェリック・フェラスポリカチオンの形成とその構造」
15:50〜16:30
東北大学多元物質科学研究所 鈴木 茂

6. 「鉄系大気腐食生成物のメスバウアー分光による評価」
16:30〜17:00
住友金属工業(株)上村 隆之

(協賛予定)腐食防食協会、日本防錆技術協会、電気化学会、化学工学会、表面技術協会、石油学会、日本金属学会、日本鉄鋼協会、土木学会、日本化学会、日本ボイラ協会、火力原子発電技術協会、日本水道協会、軽金属学会、ステンレス協会、近畿化学協会、日本冷凍空調学会、日本建築学会、日本プラントメンテナンス協会

・なお、腐食防食部門委員会会員以外の方で日本材料学会・協賛学会会員の方には当日、参加費(5,000円、資料代含む)、その他非会員の方には10,000円を戴きます。

【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
(社)日本材料学会
TEL; 075-761-5321 / FAX; 075-761-5325
E-mail:jimu@jsms.jp