(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第246回例会


日 時:2005年9月12日(月) 11:00〜16:30
場 所:たかつガーデン 3階 ローズ
     〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 TEL 06-6768-3911
     (近鉄上本町駅から徒歩約3分,地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分, http://www.takatsu.or.jp/ )

主題 「Workshop「若手技術者による腐食・防食」]V」

 腐食・防食分野に携わる若手技術者・研究者は、実験・研究を進める過程で困難な場面に遭遇したとき、その問題を独力で解決することは難しいものであります。本Workshopは、そのような問題を解決する指針を得るため、研究の進め方あるいはデータの整理の仕方などについて経験豊富な諸先輩方とご討論いただくことを目的としております。そのため、通常の例会とは異なり、若手の方々に奮戦・苦闘されておられる状況について自由な形式でお話しいただいております。Workshopは第167回例会を第1回として、昨年の240回例会で第12回を迎えました。腐食防食に関する技術・思想の継承は大きく、活発な討論と交流の場としていただきます。


− プログラム −


1. 「濃厚LiBr水溶液中の炭素鋼の腐食に対するマグネタイトの影響」
11:00〜11:30
大阪ガス(株)○野中 篤、野中 英正

2. 「熱遮蔽皮膜を構成するMCrAlY(M: Ni, Co)ボンドコート上の未溶融粒子の酸化現象とトップコートの力学的影響に対する影響」
11:30〜12:00
トーカロ(株)○山野 英明、寺谷 武馬、谷 和美、原田 良夫
長岡技科大 岡崎 正和

休憩 12:00〜13:00
3. 「水道用ダクタイル鉄管の内面防食方法、及びそれらの耐久性調査事例について」
13:00〜13:30
(株)クボタ ○藤井宏明、船橋 五郎、久保 俊裕

4. 「コンクリート構造物の鉄筋腐食に対する系統的な検査手順の構成について」
13:30〜14:00
愛知工業大学 大井 孝和、○稲垣 祐介

5. 「耐食性の異なる溶融亜鉛めっき上初期酸化膜の電子状態に及ぼす添加アルミニウムの効果」
14:20〜14:50
住友金属工業(株) ○西原 克浩、木本 雅也、工藤 赳夫
兵庫県立大学 内田 仁、春山 雄一、神田 一浩、松井 真二

6. 「乾湿繰り返し時における鉄の腐食挙動」
14:50〜15:20
三井化学(株)○大野 敦史、小森 一夫、三笘 哲郎
オスカエンジニアリング(株)児玉 卓也
兵庫県立工業技術センター高谷 泰之

休憩 15:20〜15:30

7. (特別講演)「応力腐食割れの電気化学説の発展」
15:30〜16:30
福井工業大学 柴田俊夫

(協賛予定)応用物理学会、化学工学会、近畿化学協会、軽金属学会、石油学会、電気化学会、電気学会、土木学会、日本化学会、日本機械学会、日本金属学会、日本建築学会、日本セラミックス協会、日本溶射協会、溶接学会、表面技術協会、腐食防食協会

・なお、腐食防食部門委員会会員以外の方で日本材料学会・協賛学会会員の方には当日、参加費(5,000円、資料代含む)、その他非会員の方には10,000円を戴きます。

【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
(社)日本材料学会
TEL; 075-761-5321 / FAX; 075-761-5325
E-mail:jimu@jsms.jp

戻る