(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第252回例会


日 時:2006年9月11日(月) 11:00〜16:30
場 所:たかつガーデン 3F カトレア
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 TEL 06-6768-3911
(近鉄上本町駅から徒歩約3分、地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分、http://www.takatsu.or.jp/ ) 


主題 「Workshop「若手技術者による腐食・防食」]W」

 腐食・防食分野に携わる若手技術者・研究者は、実験・研究を進める過程で困難な場面に遭遇したとき、その問題を独力で解決することは難しいものであります。本Workshopは、そのような問題を解決する指針を得るため、研究の進め方あるいはデータの整理の仕方などについて経験豊富な諸先輩方とご討論いただくことを目的としております。そのため、通常の例会とは異なり、若手の方々に奮戦・苦闘されておられる状況について自由な形式でお話しいただいております。Workshopは第167回例会を第1回として、昨年の246回例会で第13回を迎えました。腐食防食に関する技術・思想の継承は大きく、活発な討論と交流の場としていただきます。

− プログラム −

1. 「Fe基合金の高温高圧有機溶媒環境における腐食挙動に関する研究」
11:00〜11:30
木村化工機 新谷大介

2. 「低炭素鋼の溶接熱影響部の水素吸収挙動」 
11:30〜12:00
大阪府立大学 ○高玉忠、井上博之、西村六郎2. 「クロムフリー樹脂めっき」

休憩 12:00〜13:00

3. 「アルカリ・還元条件下における炭素鋼腐食挙動」
13:00〜13:30
神戸製鋼所 加藤淳

4. 「放射光を用いた鉄鋼不動態皮膜の構造解析技術の検討」
13:30〜14:00
高輝度光科学研究センター 佐藤眞直

Business Meeting(休憩含む)
14:00〜14:30

5. 「りん脱酸銅の腐食およびぬれ性への磁気処理の影響」
14:30〜15:00
○日本原子力研究開発機構 大塚伊知郎、信州大学 尾関寿美男、神戸製鋼所 中山武典、コベルコマテリアル銅管 細木哲郎、コベルコ科研 佐伯主税

6. 「強加工共析鋼の疲労破壊特性に及ぼす水素吸蔵状態の影響」
15:00〜15:30
大阪大学 箕島弘二、○中谷正憲、ア原雅之、広島大学 菅田淳

7. 特別講演「若手技術者への提言」
15:30〜16:30
東西化学産業 熊田誠

(協賛予定)腐食防食協会、日本金属学会、日本鉄鋼協会、日本防錆技術協会、電気化学会、化学工学会、表面技術協会、石油学会、土木学会、日本ボイラ協会、日本鋼構造協会、火力原子発電技術協会、軽金属学会、近畿化学協会、日本建築学会

・なお、腐食防食部門委員会会員以外の方で日本材料学会・協賛学会会員の方には当日、参加費(5,000円、資料代含む)、その他非会員の方には10,000円を戴きます。

【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
(社)日本材料学会
TEL; 075-761-5321 / FAX; 075-761-5325
E-mail:jimu@jsms.jp

戻る