(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第255回例会


日 時:2007年3月20日(火) 13:00〜16:30
場 所:泉屋博古館
(アクセス:http://www.sen-oku.or.jp/kyoto/access.html)
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24 TEL 075-771-6411 

主題 「歴史的文化財の修復と保存」
歴史的文化財は、祖先から受け継がれてきた再び得ることのできない貴重な遺産であり、これを後世に引き継いでいく必要がある。しかし、長い年月の経過で腐食や変色などが進行しているものが多く、良好な状態で未来に継承していくためには、その修復と保存技術がきわめて重要となる。
 今回の例会は、歴史的文化財の保存についてご講演いただいて議論するとともに、中国青銅器や鏡鑑などの貴重な文化財を保存・公開されている泉屋博古館の収蔵品の見学を行ない、文化財保存の意義や保存技術の重要性について認識を深める機会としたい。

− プログラム −

Business Meeting
13:00〜13:30

<司会 住友化学 藤田和夫>

1. 「(仮)文化財の保存修復」
13:30〜14:10
(財)元興寺文化財研究所  川本 耕三

2. 「中国古代青銅器の鋳型」
14:10〜14:50
泉屋博古館  廣川 守

3. 泉屋博古館見学
15:00〜16:30

(協賛予定)腐食防食協会、日本金属学会、日本鉄鋼協会、日本防錆技術協会、電気化学会、色材協会、化学工学会、表面技術協会、石油学会、土木学会、日本ボイラ協会、日本鋼構造協会、火力原子発電技術協会、軽金属学会、ステンレス協会、近畿化学協会、日本プラントメンテナンス協会、日本建築学会、日本伸銅協会

・なお、腐食防食部門委員会会員以外の方で日本材料学会・協賛学会会員の方には当日、参加費(5,000円、資料代含む)、その他非会員の方には10,000円を戴きます。
・泉屋博古館入館には入館料が必要ですが、部門委員会で負担いたします。


【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
(社)日本材料学会
TEL; 075-761-5321 / FAX; 075-761-5325
E-mail:jimu@jsms.jp

戻る