(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第257回例会 

多数ご参加下さり、誠に有難うございます。
次回の例会もよろしくお願い申し上げます。
参加人数:38名

*本企画は日本材料学会CPD企画です。

日 時:2007年7月24日(火) 13:00〜17:20
場 所:たかつガーデン ローズ 3F
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 TEL 06-6768-3911
(近鉄上本町駅から徒歩約3分,地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分, http://www.takatsu.or.jp/ )

主題 「マクロ電池形成による腐食現象」

 マクロ電池形成による腐食は、海洋鋼構造物、土壌中の配管、コンクリート中の鉄筋など多くの環境において問題となる事象である。その反応は電気化学反応であるにもかかわらず、本質的な挙動が十分に理解されているとはいえない。そこで本例会では、マクロ電池形成による腐食現象を取り上げ、ミクロ電池形成による腐食を含めて講演いただき、理解を深めたい。

Business Meeting 13:00〜13:15

<司会 住友金属工業 上村 隆之>

1. 「ミクロセル腐食とマクロセル腐食」
 
13:15〜14:10
福井工業大学 柴田 俊夫

2. 「境界要素法によるガルバニック腐食解析」
14:10〜15:05
東京工業大学 天谷 賢治

休憩             15:05〜15:20

3. 「マクロセル腐食としての酸素濃淡電池形成による炭素鋼の局部腐食」
15:20〜16:00
住友金属工業梶@幸 英昭

4. 「埋設鋼管のミクロ電池腐食とマクロ電池腐食診断法」
16:00〜16:40
大阪ガス梶@野中 英正

5. 「コンクリート中鉄筋の分極抵抗測定値の定量評価について」
16:40〜17:20
新日本製鐵梶@松岡 和巳


(協賛予定)腐食防食協会、日本金属学会、日本鉄鋼協会、日本防錆技術協会、電気化学会、色材協会、化学工学会、表面技術協会、石油学会、土木学会、日本鋼構造協会、軽金属学会、近畿化学協会、日本プラントメンテナンス協会、日本建築学会、日本ガス協会、日本溶射協会

・なお、腐食防食部門委員会会員以外の方で日本材料学会・協賛学会会員の方には当日、参加費(5,000円、資料代含む)、その他非会員の方には10,000円を戴きます。
【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
(社)日本材料学会TEL; 075-761-5321、FAX; 075-761-5325、E-mail; jimu@jsms.jp

戻る