(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第260回例会 

多数ご参加下さり、誠に有難うございます。
次回の例会もよろしくお願い申し上げます。
参加人数:25名

*本企画は日本材料学会CPD企画です。

主  催:日本材料学会
協  賛:腐食防食協会,日本金属学会,日本防錆技術協会,電気化学会,化学工学会,表面技術協会,軽金属学会,近畿化学協会,日本プラントメンテナンス協会,日本機械学会,日本航空宇宙学会,自動車技術会(予定)

日 時: 2008年1月21日(月)13:20〜16:55
場 所: たかつガーデン カトレア 3F
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 TEL 06-6768-3911
(近鉄上本町駅から徒歩約3分,地下鉄谷町九丁目駅から徒歩約7分, http://www.takatsu.or.jp/ )


主題 「軽金属材料の環境脆化に関する最近の話題

軽金属材料は,自動車や航空機など,軽量化が必要な構造物の部材に多用されている.しかしながら,高い比強度が期待されるこれらの用途では,腐食反応や侵入水素による脆化や疲労の感受性評価ならびに防止技術が重要となる.本例会では,応力腐食割れや水素脆化(環境脆化)に焦点を絞り,広く用いられている,あるいは実用化が期待されている軽金属材料の脆化の感受性や機構についてご講演いただく.また,その評価ならびに解析技術について,最新の知見をご紹介いただく.

    ― プログラム ―
(司会 井上博之 大阪府立大)

13:20〜14:10
1. 軽金属材料の最近の進歩と将来動向              
財団法人応用科学研究所 長村 光造

14:10〜15:00
2. SCCを中心としたアルミ合金の腐食                
住友軽金属工業株式会社 箕田 正

15:00〜15:15
休 憩                                

15:15〜16:05
3. TiAlの環境脆化と水素侵入との関連性               
関西大学化学生命工学部 春名 匠

16:05〜16:55
4. マグネシウム合金の環境脆化                 
兵庫県立大学大学院 内田 仁

腐食防食部門委員会の会員以外の方で日本材料学会・協賛学会会員の方には当日、参加費(5,000円、資料代含む)、その他非会員の方には10,000円を申し受けます。

【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101
(社)日本材料学会
TEL; 075-761-5321 / FAX; 075-761-5325
E-mail: jimu@jsms.jp





戻る