(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第264回例会 

多数ご参加下さり、誠に有難うございます。
次回の例会もよろしくお願い申し上げます。
参加人数:32名

*本企画は日本材料学会CPD企画です。

主  催:日本材料学会
協  賛:腐食防食協会,日本金属学会,日本鉄鋼協会,日本防錆技術協会,電気化学会,化学工学会,表面技術協会,石油学会,土木学会,日本ボイラ協会,火力原子発電技術協会,軽金属学会,近畿化学協会,日本建築学会,日本機械学会

日 時: 2008年9月9日(火)13:00〜16:45   
場 所: 川崎重工業株式会社 明石工場 技術開発本部 講義室(1階)
http://www.khi.co.jp/overview/group/map/technical_ akashi.html
〒673-8666 兵庫県明石市1−1


主題 「Workshop「若手技術者による腐食・防食」XVI

腐食・防食分野に携わる若手技術者・研究者は,実験・研究を進める過程で困難な場面に遭遇したとき,その問題を独力で解決することは難しいことがあります.本Workshopは,そのような問題を解決する指針を得るため,研究の進め方あるいはデータの整理の仕方などについて経験豊富な諸先輩方と討論いただくことを目的としています.そのため,通常の例会とは異なり,若手の方々に奮戦・苦闘されておられる問題について自由な形式でお話しいただいています.Workshopは第167回例会を第1回として,今回の264回例会で第16回を迎えました.腐食防食に関する技術・思想の継承は重要であり,活発な討論と交流の場としていただきます.

― プログラム ―

(司会 箕島弘二 大阪大学)    

1. 「銅チューブの耐食性評価方法の検討(仮題)」            13:15〜13:30
栗田工業梶@居安隆志

2. 「原子炉用SUS316Lおよびインコネルにおける放射光を応用したSCC解析
13:30〜13:45
兵庫県立大学大学院 大西陽子

3. 「強加工共析鋼の疲労き裂発生・進展特性に及ぼす非拡散性水素の影響
13:45〜14:00
大阪大学大学院 中谷正憲

4. 「イオン移動と反応を考慮したガルバニック腐食の数値解析」     
14:00〜14:30
住友金属工業梶@岡田信宏

5. 「ステンレス鋼のメタノール環境中における不働態皮膜生成機構」   
14:30〜15:00
木村化工機梶@新谷大介

6. 「ごみ焼却炉ボイラ向け腐食モニタリング技術の開発」       
15:00〜15:30
川重テクノサービス梶@上谷進

休 憩               15:30〜15:45

7. 「川崎重工業株式会社明石工場モーターサイクル製造ライン見学会
15:45〜16:45

腐食防食部門委員会会員以外の方には,参加費(資料代を含む)を戴きます.
日本材料学会・協賛学会会員:5,000円,その他非会員:10,000円.

講演会終了後,川崎重工業株式会社明石工場モーターサイクル製造ラインの見学会を予定しておりますので,参加申込み(御氏名,御所属)を8月25日までによろしくお願い申し上げます.なお,見学会への参加については同業他社の方は,ご遠慮いただいていますこと,前もってご了承のほどお願いいたします.

【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101 (社)日本材料学会
TEL; 075-761-5321,FAX; 075-761-5325,E-mail: jimu@jsms.jp


戻る