(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第270回例会 


多数ご参加下さり、誠に有難うございます。
次回の例会もよろしくお願い申し上げます。
参加人数:30名

*本企画は日本材料学会CPD企画です。

主  催:日本材料学会
協  賛:腐食防食協会,日本金属学会,日本鉄鋼協会,日本防錆技術協会,電気化学会,色材協会,化学工学会,表面技術協会,石油学会,近畿化学協会,日本プラントメンテナンス協会,樹脂ライニング工業会,日本弗素樹脂工業会,高分子学会,日本化学会(予定)

日 時: 2009年 9月 8日(火)13:15 〜 17:00
場 所: ダイキン工業梶@淀川製作所
〒566-8585 大阪府摂津市西一津屋1−1 TEL 06-6349-7361(大代表)

主題「フッ素樹脂の新展開」

 フッ素樹脂は,その抜群の耐食性能により,化学装置のライニングやコーティング用材料,半導体製造工程用材料などとして,様々な産業分野で用いられ,実績も上げている.また,最近では新しいフッ素樹脂も開発され,それを応用したライニングが実装置に採用され始めている.そこで,本例会ではフッ素樹脂の基礎から最近の開発状況,フッ素樹脂のライニングやコーティングに関する最近のトピックスを御講演頂き,フッ素樹脂に関する理解を深めたい.

― プログラム ―

Business Meeting   13:15〜13:30
<司会 箕島弘二(大阪大学)>
1.フッ素樹脂の基礎と応用     
13:30〜14:20
ダイキン工業梶@三杉 嘉彦

2.低薬液透過性フッ素樹脂ライニングの開発
14:20〜15:00
サンフロロシステム梶@内田 達郎

休 憩              15:00〜15:10

3.フッ素樹脂コーティングの新展開
15:10〜15:50
日本フッソ工業梶@佐藤 仁祉

休 憩
15:50〜16:00
ダイキン工業(株)淀川製作所化学部門 
工場見学会       16:00〜17:00

技術交流会(参加自由)
17:30〜19:00


腐食防食部門委員会会員以外の方には,参加費(資料代を含む)を戴きます.
日本材料学会・協賛学会会員:5,000円,その他非会員:10,000円.

(工場見学会)
講演会終了後,ダイキン工業(株)淀川製作所化学部門の工場見学会を予定しております.なお,フッ素化学関係の同業他社の方はご遠慮いただいております.予めご了承のほど,お願いいたします.
(技術交流会)
例会終了後,技術交流会を企画しております.参加を希望される場合は,当日,会費2,000円を受付にてお支払いください.

(バス送迎)
 JR吹田駅と会場間の移動手段として,貸切バスを用意しております.ご来場時の便は,JR吹田駅中央出口下1階バスターミナルを12時20分出発(時間厳守),お帰りは,工場見学会終了後及び技術交流会終了後に,阪急相川駅経由JR吹田駅まで,お送りいたします.

【申込方法】 
工場見学者の確認,送迎バスの手配,技術交流会の準備のため,例会に参加希望の方は,氏名,勤務先(所属),電話番号,JR吹田駅12時20分発貸切バス(無料)のご利用の有無,技術交流会参加・不参加を明記の上,
8月31日(月)までに,
E-mailまたはFaxで下記宛にお申し込み下さい.詳細は,申込み用紙 をご覧ください.

【申込先】
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101(社)日本材料学会 
TEL: 075-761-5321, FAX: 075-761-5325, E-mail: jimu@jsms.jp

戻る