(社)日本材料学会
腐食防食部門委員会 第271回例会

多数ご参加下さり、誠に有難うございます。
次回の例会もよろしくお願い申し上げます。
参加人数:38名

*本企画は日本材料学会CPD企画です。

主  催:日本材料学会
協  賛:腐食防食協会,日本金属学会,日本鉄鋼協会,日本防錆技術協会,電気化学会,色材協会,化学工学会,表面技術協会,石油学会,土木学会,軽金属学会,近畿化学協会,日本プラントメンテナンス協会,日本建築学会,日本ガス協会,日本溶射協会,日本シミュレーション学会,高温学会,日本保全学会(予定)

日 時: 2009年 11月 24日(火)13:15 〜 17:00
場 所: たかつガーデン カトレア 3F
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 TEL 06-6768-3911

主題「コンピューター支援による最近の腐食科学」

 近年,工学分野で広くコンピューター・シミュレーション技術が適用され,実績を上げている.そして最近,様々な理由によりその可能性が疑問視されてきた腐食・防食分野においても,コンピューター・シミュレーション技術が開発され,現場での適用がすでに始まっている.そこで本例会では,シミュレーションよる金属を含む無機物質の種々の環境における熱力学的安定性評価,ならびに電気化学反応の反応速度理論による腐食速度評価の基本的な考え方を学び,さらにその活用例を紹介して頂く.


― プログラム ―

(司会 小森一夫 三井化学梶j
1. 電解質の熱力学に基づく腐食・防食現象のシミュレーション技術  
13:10〜14:10
泣Vミュレーション・テクノロジー 田中耕太郎

2. 高温ガス・溶融塩の腐食シミュレーション事例
14:10〜14:50
褐v算力学研究センター 長野祐一

休 憩              14:50〜15:00

(司会 平山隆一 ダイキン工業梶j
3. プラントエンジニアリングにおける腐食シミュレーションの活用事例
15:00〜15:40
東洋エンジニアリング梶@岩脇大仁

4. 流体解析と熱力学電解質モデルを組合せた高度シミュレーション解析
15:40〜16:20
千代田アドバンスト・ソリューションズ梶@大林麻衣

5. パネルディスカッション
16:20〜17:00

腐食防食部門委員会会員以外の方には,参加費(資料代を含む)を戴きます.
日本材料学会・協賛学会会員:5,000円,その他非会員:10,000円.

【申込先】
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101(社)日本材料学会 
TEL: 075-761-5321, FAX: 075-761-5325, E-mail: jimu@jsms.jp

戻る