(社)日本材料学会
腐食防食部門委員会 第273回例会

多数ご参加下さり、誠に有難うございます。
次回の例会もよろしくお願い申し上げます。
参加人数:44名

*本企画は日本材料学会CPD企画です。

主  催:日本材料学会
協  賛:腐食防食協会,日本金属学会,日本鉄鋼協会,日本防錆技術協会,電気化学会,色材協会,化学工学会,表面技術協会,石油学会,土木学会,軽金属学会,近畿化学協会,日本プラントメンテナンス協会,日本建築学会,日本船舶海洋工学会,日本機械学会(予定)

日 時: 2010年3月9日(火) 13:00〜17:00
場 所: たかつガーデン カトレア
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 TEL: 06-6768-3911

主題「海洋構造物の腐食と防食」

 海洋構造物は厳しい腐食環境にさらされているが,その環境は一様ではなく,飛沫帯,干満帯,海水中,底質中と種々の環境が混在し,それぞれ腐食形態が異なる.その補修は海洋で実施しなければならない場合がほとんどであり,補修,更新は非常に難しい.そのうえ,耐用年数に対する期待は長期化しつつあり,初期コストのみならず,供用期間中のメンテナンスコストまで含めたライフサイクルコストを考慮する必要がある.
 海洋環境での材料の劣化と維持管理の現状を概観したうえで,鋼の腐食メカニズム解説と,益々期待の大きい重防食の動向を把握し,最後に海中部の防食に有効な電気防食である流電陽極法の新しい工法について紹介する.



          ― プログラム ―
Business Meeting            13:00〜13:20
                 
(司会 上村隆之 住友金属工業(株))

1.海洋構造物の腐食の実態と対策
13:20〜14:10
(株)金杉商工   
元(独)港湾空港技術研究所  阿部正美

2.マクロセルを考慮した海洋構造物の腐食機構
14:10〜15:00
(独)日本原子力研究開発機構 山本正弘

休 憩             15:00〜15:10

(司会 川村文夫 栗田工業(株))

3.長寿命重防食技術の動向
15:10〜15:50
JFEエンジニアリング(株) 玉田明宏              

4.海洋構造物の塗装による防食
15:50〜16:30
日本ペイント(株) 大澤隆英

5.磁気吸着方式による流電陽極法
16:30〜17:00
(株)ソフテム 斉藤清美

腐食防食部門委員会会員以外の方には,参加費(資料代を含む)を戴きます.
日本材料学会・協賛学会会員:5,000円,その他非会員:10,000円.

【申込先】
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101(社)日本材料学会 
TEL: 075-761-5321, FAX: 075-761-5325, E-mail: jimu@jsms.jp

戻る