(社)日本材料学会
腐食防食部門委員会 第281回例会


多数ご参加下さいまして、誠に有難うございます。
次回の例会もよろしくお願い申し上げます。
参加人数:60名


*本企画は日本材料学会CPD企画です。

主  催:日本材料学会
協  賛:日本機械学会,腐食防食協会,日本金属学会,日本鉄鋼協会,日本防錆技術協会,電気化学会,色材協会,化学工学会,表面技術協会,石油学会,日本ボイラ協会,日本保全学会,火力原子力発電技術協会,日本原子力学会,軽金属学会,ステンレス協会,近畿化学協会,日本プラントメンテナンス協会,日本非破壊検査協会,日本高圧力技術協会(予定)

日 時:2011年7月19日(火) 13:00~17:10
場 所:たかつガーデン  3階  カトレア   
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号 
TEL: 06-6768-3911
 
 主題「腐食解析法の最近の動向と将来展望

水溶液や水膜中の腐食は基本的には電気化学反応であるため,従来より電気化学分野の様々な測定法・解析法が腐食分野に適用・提案されてきている.そこで,特に最近適用が盛んな,または新たに適用が試みられている種々の腐食測定法・解析法について,測定上の留意点,適用による新たな可能性,その限界等について議論を深めたい.

- プログラム -

Business Meeting      13:00~13:10

<司会 野中 英正 大阪ガス(株)>
1. 「電気化学インピーダンス法の腐食への適用」 
13:10~13:55
東京工業大学 西方 篤

2. 「光電気化学応答による酸化物皮膜の解析
13:55~14:40
大阪大学 藤本 慎司

休 憩                14:40~14:55

<司会 鈴木 昌巳 日本防食工業(株)>
3. 「チャンネルフロー電極法の腐食への適用
14:55~15:40
東京理科大学 板垣 昌幸

4. 「走査型電気化学顕微鏡の腐食への応用
15:40~16:25
北海道大学  伏見 公志

5.「スーパーケルビンフォース顕微鏡の腐食への適用
16:25~17:10
物質・材料研究機構 升田 博之

なお,腐食防食部門委員会委員以外の方で日本材料学会・協賛学会会員の方には当日,資料代として5,000円,その他非会員の方には10,000円を戴きます.

【講演会申込先】
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101 (社)日本材料学会
TEL:075-761-5321,FAX:075-761-5325,E-mail: jimu@jsms.jp

戻る