(社)日本材料学会 
腐食防食部門委員会 第58回研究集会 

多数ご参加下さり、誠に有難うございます。
次回の例会もよろしくお願い申し上げます。
参加人数:23名

*本企画は日本材料学会CPD企画です。

主  催:日本材料学会
協  賛:腐食防食協会,日本金属学会,日本鉄鋼協会,日本防錆技術協会,電気化学会,化学工学会,表面技術協会,軽金属学会,近畿化学協会,日本プラントメンテナンス協会,日本表面科学会,日本分析化学会,日本機械学会

日  時: 2009年10月20日(火) 14:10〜16:50
会  場: 兵庫県民会館 3階304号会議室
      JR元町駅下車・北へ徒歩約7分,あるいは地下鉄県庁前駅下車・東1出口すぐ
      神戸市中央区下山手通4−16−3 (電話 078-321-2131)

主題 「腐食と吸着

腐食は材料界面での化学反応や電気化学反応によって進行する.反応に関与する化学種や中間体の多くは材料表面に吸着しており,それらの濃度によって腐食の進行を律速しているケースも少なくない.しかしながら,これまで吸着化学の立場から,腐食反応を解析・考察した例はほとんどなかった.本研究集会では,吸着の観点で腐食ならびに関連した現象を解析した結果をご講演いただき,新しい視点での腐食の科学や工学の展開の可能性について議論したい.


− プログラム −
<司会 井上博之(大阪府立大学)>
(14:10〜15:25)
1.「気相吸着からみた鋼材の大気腐食
 大阪教育大学名誉教授 石川達雄

休憩 15:25〜15:35 

<司会 杉江他曾宏(兵庫県立大学)>
(15:35〜16:50)
2.「計算手法による電極表面触媒反応に関する一考察 〜 特に、酸素還元反応を中心として 〜
 兵庫県立大学大学院 倉本圭



腐食防食部門委員会会員以外の方には,参加費(資料代を含む)を戴きます.
日本材料学会・協賛学会会員:5,000円,その他非会員:10,000円.

【申込先】〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町1-101 (社)日本材料学会
TEL; 075-761-5321,FAX; 075-761-5325,E-mail: jimu@jsms.jp

戻る